五条吉野川シクロクロス 10.17 | iwapucci cycle

2021/10/18 18:32

今シーズン初のシクロクロスは、京都車連の開幕より2週間早く、奈良の五条吉野川シクロクロス。3回目か4回目の会場で、私が参加するのは初めて。自宅から阪神高速と南阪奈道、国道24号線のバイパスをつないで、1時間半で会場に到着。高速をおりたところにローソンが2件あるのが最初で最後のコンビニです。


レースは11時10分からで、到着したのは10時前。試走時間が朝一しかなかったようで、ぶっつけ本番です。それもまた楽しい。参加賞に柿を5つもいただきました。

東洋フレームのブースに荷物を置かせてもらって、石垣社長と松田さんのeBikeレースを観戦。しっかし石垣社長の肉体改造すごいね。ワンピが似合う身体になってる。そして松田さんは相変わらずかわいい。竹ノ内さんはすべてのレースに参加してて、凄すぎます。

11時10分にC2とCL1の混走でCM1。50人くらいかな。昨年のランキング順でスタート位置が決まっているので、ゼッケン58番の私はちょうど真ん中くらい。これでも今までで一番いいスタート位置かも。

まずはこの階段。まさかこれを8回も登るとは。

真剣に走るイワプッチ。去年との違いは、より脱力できるようになっているところ。とにかくリラックスして、力まない力まない。

コースはほぼフラットな河川敷。バニーホップがいまだにできない私は、無難に担いでシケインをクリア。昔は30分のレースでもシケインを超えるのに後半には足がぶるぶるふるえていたのに、今では50分走っても最終週までしっかり走ってクリアできるようになりました。年齢は関係ないね。

長い直線が何本もあり、登りはほぼ無し。ここでの脱力無茶苦茶重要。さらに仙骨パワーも注入。ぐるぐるエリアでは前のライダーに全く遅れることなく、むしろ食い気味で行けたし、砂と岩のエリアも、最初の2周は混んでたのと様子見でフル担ぎで走ったけど、残り6回はしっかり乗ってクリア。混走なので、前のライダーを抜くために気を抜けません。

1周目を26位くらいで通過した後は、じわじわと順位を上げて、最終15位(32%)/46人中。ゴール前のスプリントでは、大河内さんに2秒まで迫れました。しかしこれ、これまでで最高の順位じゃない!ポイントも初の二けた11ポイントで、上出来すぎるレース結果。
ゴール後に松田さんとデレデレツーショットおじさん。

バイクの汚れも最小限。いつもこれくらいの天候と汚れ具合だったらいいのにな。次回は2週間後の関西シクロクロス初戦、富田林。今日より前のほうからスタートできそうだから、より一層注意して、ミスしないようにいくぜ!

走行中の写真は、フェイスブックの「関西シクロクロスな仲間たち」の皆様が撮ってくださいました。ボッチライダーにはほんとにありがたいです。